2013年11月3日日曜日

Penny Skateboard のDIYペイント方法

先日、通勤用に購入したペニー・スケートボードをDIYでスプレー塗装したときのメモ。色々調べてやってみたところ、すごく綺麗に塗れたので手順を記録しておきます。
塗装後にも何度も乗っていますが、ボードの「しなり」にも適応しているようで、剥がれやヒビは今のところ全くありません。(テールの路面と擦れる部分はさすがに剥がれてますが。)

同じようにペニーの自家ペイントをお考えの方は参考にして頂ければ幸いです。

ペイント結果

元はこれ。自分のボードは写真撮り忘れました。セール価格で買ったものの、茶色がイマイチ気に食わなかったのでペイントすることに。

で、ペイント結果がこれ。ペイント後に結構乗ってるので少し汚れてますが、塗装のはがれもなく良い感じです。
image image

準備するもの

  1. プラスドライバーとレンチ
    スケボー分解用。
  2. 耐水サンドペーパー
    ツルツルの表面を削って塗料が付きやすくするために使います。今回は家にあった1000番を使いました。
  3. プラスチック用プライマー
    柔軟性のある素材に塗料を密着させるための下地です。今回は "アサヒペン プラスチック用プライマー 300ML クリヤ" を購入。
  4. スプレー塗料
    お好みの色で。プライマーと塗料は同じ会社が良いらしい、とのことなので、アサヒペンのアクリル塗料を選びました。

手順

  1. 作業場所の確保
    地面に新聞紙をひいてテープで固定。スプレーを盛大に噴射するので、必ず屋外で。
  2. トラックを外す。
    ドライバーとレンチで。ブッシュの硬さを調整している人は、トラックの前後がわかるように目印を付けておきましょう。
  3. サンディング
    耐水サンドペーパーで、デッキ全体を水研ぎします。(水無しでも大丈夫かもしれないけど、摩擦熱で表面が溶けるかも。)
    デッキ表側の凸凹内部はしなくてもOK。
    削りカスを水で流してから、水分を拭き取っておきます。
  4. プライマーで塗装
    デッキの両面にプライマーを吹き付けます。薄く全体が塗れれば完成。
    塗装中は「割りばし」をトラック用のネジ穴に挿すと、手を汚さずに取り回せます。 30〜60分ほど放置して乾燥させます。
  5. スプレーで塗装
    同じく、デッキの両面をスプレーで塗装します。スプレーをデッキから20〜30cm以上離して、素早く何度も往復させること。
    塗り終えたら、一晩放置して完成!

注意点&コツ

  • スプレー作業はかならず風通しの良い屋外で。
  • 割りばしを使う
    上にも書きましたが、トラック用の前後のネジ穴に割りばしを挿すと、手を汚さずにデッキを持てます。
  • スプレーは薄塗り&重ね塗り
    一気に塗ろうとすると、塗料がたれて汚い仕上がりになります。スプレーはデッキから少し離して噴射し、素早く往復させて色を濃くしていくと失敗がないです。
以上、ご参考まで。

1 件のコメント:

  1. ミニクルーザーの塗装を検討している者です!その後塗装の剥げ具合は如何ですか?

    返信削除