2009年4月26日日曜日

宮古島のサーフィンについて&ポイントちょこっと紹介

2009年4月下旬に、三泊四日で宮古島に滞在してきました。宮古島といえばダイビングやシュノーケリングが有名ですが、サーフィンに関する情報はほとんどありません。今回、ローカルサーファーの方とお話する機会があったので簡単にまとめておきます。

宮古島でのサーフィンについて



  • そこまで大人数ではないようですが、宮古島にもサーファーのコミュニティは存在しています。ローカルの大会も開催されている模様です。

  • ポイントは和やかな雰囲気です。アイランドにありがちな排他的な感じはしませんでした。(ただし、礼儀はわきまえましょう)

  • 「宮古島 サーフィン」で検索すると上位にヒットするのが、数年前に砂川ビーチで発生したシャークアタックの記事です。ビジターサーファーが亡くなったこの事故が、新島のサーフィン情報があまりオープンにならないことの背景になっているのかもしれません。(あくまで勝手な憶測ですが。)

  • 基本的には数百メートル先のアウターリーフまでパドルアウトする必要があります。

  • リーフなのでポイントブレイクが中心です。

  • 上記の通り宮古島でのサーフィンはリスクがあるので、初心者や経験の浅いサーファー、パドル力に自身のない人には不向きだと思います。



サーフポイントちょこっと紹介


代表的なポイントを紹介しますので、波探しにご活用ください。
※番号は下の地図に対応しています。


  1. 吉野海岸


    北うねりを拾うリーフ。200mほどパドルアウトする。


  2. 保良泉(ぼらがー)ビーチ


    南うねりを拾う。


  3. イムギャー


    南うねりを拾う。


  4. シギラ


    南うねりを拾う。


  5. 前浜ビーチ


    東急リゾート前のビーチ。台風スウェルのみで反応するとのこと。普段は完全フラット。


  6. 砂山ビーチ


    西うねりを拾うビーチブレイク。ローカルが入っていない場合は入水しないこと。



より大きな地図で 宮古島のサーフポイント を表示


0 件のコメント:

コメントを投稿